5分で読める人生の裏ワザ

1日たったの5分で、昨日の自分を超えられる!

これを見るだけで自社チャネルが作れる!

毎度っ!恐竜大好きゆうくんです!(^^)!

 

今日は「自社チャネル」についてやっていきます!

 

 目次

  1. 自社チャネル
  2. YouTube
  3. 次回予告

 

皆さんは自社チャネルももうすでに持っていますか

持っていない方も多いでしょうか

 

f:id:xyuya:20200311073520p:plain

 

しかしこのブログを見ている方は、

意識がものすごく高いので

もしかしたらほとんどの方がもうすでに

持っているかもしれません

 

今の時代は何の時代ですか?

と聞いたらもうさすがに皆さん分かりますね(笑)

 

SNS時代ですね。

 

くどいくらい毎回のように言ってますので

さすがに頭にこびり付きますよね。

 

SNS毎の利用用途は、

しっかりと分けていますか?

 

少し前に、媒体ごとで

しっかりと使い分けて下さい

詳しく説明したと思います。

 

まずここが出来ていないのなら

自社チャネルは今日のところは諦めて下さい。

 

 

www.xyuya.me

 

 

理解していないと、先に進んでも

全く意味がありません。

 

その次は、これから行っていく

事業の進め方のおおまかな流れ

必ず作ってください。

 

これは、おおまかでも大丈夫です。

しっかり細かいところまで作る必要はないです。

 

ここまできたらやっと自社チャネルを

作成することが出来ます

 

媒体ごとのメリットから、

優先事項をつけていき

自社チャネルの確立です。

 

やっといけましたね。

案外ここまで時間がかかってしまいます

ココは初期投資だと思って

思う存分時間を投資してください。

 

f:id:xyuya:20200223175732p:plain

 

よく初期投資をどうやって削減しますか?

 

などと質問をいただくのですが、

初期投資を削減したら

必ずと言っていいほど潰れます。

 

ココの初期投資の部分だけは

嫌でも投資をしてください。

 

これは本当です。

お金でもそうですし、時間もそうです

 

ゆうくんも今、新規事業を

立ち上げようしていますが、

かなり多くの時間と人も動いて

もらってますし、

お金もかなりかかります

 

だから皆さんもなるべく初期投資は

多くかけて下さい。

そこだけはケチらないでください。

 

ここで多くのものを惜しんだら

他の競合などに負けます

競合がいなくても

お金やデータを持っている会社

まねされて潰れます。

 

f:id:xyuya:20200311073913p:plain

 

ここまで理解出来たらYouTubeについて

やっていきますね。

 

YouTubeをやっている方も多いと思いますが

ココだけは理解していただきたい

ピックアップしたことを

載せていきたいと思います。

 

・「かもしれない」

  情報ではなく

 確実な情報を載せる

(実績ベースだとなおよい)

 

・YouTubeで集客は確実に

 行えます。

 

・コンテンツ制作スキルで

 媒体に活用できます。

 

※YouTubeはぶっちゃけ稼げません。

めちゃくちゃハードワークです。

 

だけれど

YouTubeは重要です

 

f:id:xyuya:20200311074008p:plain

 

やらないといけません。

 

今の時代にやらないといけない事は、

ものすごい量あります。

 

しかしその中でも特に

投資とYouTubeは必ずやってください。

 

ティックトックみたいなのも

いいですが、やっぱりそこではないです。

 

ターゲットが全然いません。

 

なのでYouTubeという市場と

投資で戦うべきです。

 

これだけ言っても行動するのは

たったの1割に満たないです。

 

f:id:xyuya:20200311074213p:plain

 

悲しい現実ですがこれも

事実ベースですね。

 

あなたは行動する方ですか?

それともこれを見て終わる方ですか?

 

どっちでも構いませんが、

将来平日に楽しく過ごしたのならば

今の休日や平日の使い方

もっと考えるべきです。

 

そうすれば未来は想像したとおりに

引き寄せられます

 

このまま毎日頑張りましょう。

 


MUP インスタライブ アウトプット

 

次回予告「セールススキルはいらない?いや一番いる。」

 

このお題について、バッチリとアウトプットしていきます!

 

では、また次回っ!