5分で読める人生の裏ワザ

1日たったの5分で、昨日の自分を超えられる!

差別化を図ると10円の物が1000円でも売れる!?

毎度っ!恐竜大好きゆうくんです!(^^)!

 

今日は「差別化」についてやっていきます!

 

 目次

  1. イオンモール
  2. この一言
  3. 次回予告

 

前回の記事は楽しんでいただけましたか?

 

告白をする時も何かを伝えるとき

一番大切なものは提案の仕方ですね。

 

あれが出来るようになれば営業もできる

異性へのアプローチもできるし

人生が嫌でも好転してしまいますね。

 

f:id:xyuya:20200313072417p:plain

 

ではその前回の内容を踏まえて

やっていきたいと思います。

 

今の時代というのは、

昔の生産時代とは違って

物があふれている時代です。

 

昔は物が足らなかったので、

作れば作るだけ売れていました

今はそんなことはないですね。

 

買い手よりも売り手のほう

圧倒的に多いのです。

 

ということはですね。

 

同じような商品やサービス世の中には

沢山あるということです。

 

f:id:xyuya:20200313072517p:plain

 

その中から各個人がいいなと感じたもの

選択して購入したり利用しているのです。

 

同じものが多いということは、

皆さんは何を基準にそのものを

選んで買っているのでしょうか?

 

価格?内容?サービス?

 

この順番は各個人で差はあると思いますが

何かこれはここが秀でているな

と思ってそれを選んでいると思います。

 

=比較の時代

 

価格を基準にする人は、

ネットやイオンモールなど

なるべく安いものを探すでしょう。

 

サービスを求めている人は、

ネットで調べつくして

ベストだなと思うところ

自分なりに選択しているでしょう。

 

このように、おんなじ物でも

探す場所が違ったり、

購入するところも変わってきます。

 

f:id:xyuya:20200313072612p:plain

 

比較されるということは

なにが必要になってくるのか。

 

=差別化

 

ここで差別化をしない

ちょっと工夫をしてある物には

絶対に勝つことはできません。

 

でも、思いますよね。

 

商品やサービスの差別化をするなんて

また開発しないといけない

コストも莫大にかかってしまう

どうしたらいいんだろうか?

 

物の差別化は別にしなくても大丈夫です。

 

昨日やりましたね。

 

=提案の差別化

 

これをやっていけばいいだけです。

これはコストもかかりません

頭を少し使うだけで出来ます

 

何なら今考えて明日すぐに実行することもできます。

 

f:id:xyuya:20200312073424p:plain

 

美容院がいい例です。

 

美容院に行って髪を切るのは

当然だし、当たり前だから

美容師さんがいってはいけない一言

いうものが存在するのです。

 

これを言うだけでその美容院の

質というものは落ちてしまいます

 

まあ。多くの美容院が気付かず

使っている言葉なので

差別化を図るのは簡単です。

 

この一言です。

 

「今日は、どういう髪型にしますか?」

 

これです。

よく耳にしますよね。

この言葉を言ってはいけないのです。

 

言った時点で価値がないなって思われてしまいます。

 

今までの時代なら別に良かったかも

しれませんが、

今の時代は髪を切ることを売るのではなく

提案を売っていかないといけないのです。

 

f:id:xyuya:20200313072731p:plain

 

もしこのようなフレーズを使っている方

いましたら明日からやめて

その人に会った季節に合った髪形

提案してあげると良いと思います。

 

いや、そうしないといけないです(笑)

 

明日からでもできることです。

なので、今日考えて明日から実行していきましょう。

 


【MUP】でラップ作ってみた。

 

次回予告「売り方を変えるだけで売上が3倍に!?」

 

このお題について、バッチリとアウトプットしていきます!

 

では、また次回っ!